自然対流式床暖房換気システム

パッシブ換気システム・ブレース工法

「産・学・官」の力を結集し、特許を取得

パッシブ換気システム・ブレース工法

北方建築総合研究所と北海道電力総合研究所の共同研究テーマ「ヒートポンプを活用した未利用空間空調」を、パッシブ住宅の技術顧問でもある拓建築設計事務所が実用化に成功?br /> 「産・学・官」の長年の研究から生まれた先端の住宅システムです。



特許に裏づけされた画期的なオリジナル工法

「パッシブ換気システム・ブレース工法」

パッシブ換気システムとは、暖かい空気が上昇する煙突効果を応用した24時間自然換気システムです。
機械や電源を使わないことから、人と環境にやさしいエコロジーな換気方法として注目されています。

パッシブ換気システム・ブレース工法

ただ、空気の浮力を利用することから換気量のコントロールがむずかしく、 また暖房のロスがあるなどの課題がありました。
パッシブ住宅は「パッシブ換気システム・ブレース工法」を応用し、独自のノウハウによりこれらの課題を解消。
特許を取得した画期的なシステムを応用し、床下に設置したヒートポンプエアコン1台で家中を24時間暖かく快適に保ちます。

※山忠高島建設株式会社はパッシブホームと技術ライセンス契約をしております。

パッシブ換気システム・ブレース工法

PAGE TOP